夏に長持ちするお花特集

夏に長持ちするお花特集

暑い夏は、お花が長持ちしないからと、お部屋に飾るのを諦めている方も多いのではないでしょうか?
確かに、春や秋に比べ花の種類も少なく、高い気温では、お花も萎れやすくなります。
今回は、お手入れ次第で長持ちさせるちょっとしたコツと、夏におすすめの簡単レシピをご紹介いたします。

花が萎れる大きな原因は、花器の中の水や茎の切り口に雑菌が繁殖し、花が新鮮な水を吸い上げることが出来なくなってしまうためです。
水替えの際、花器や挿しておいた花にぬめりを感じることがありますが、気温が高い夏場は特に雑菌が繁殖しやすくなり、雑菌によるこのぬめりが、花が長持ちしない原因のひとつです。
夏は、1日に1回は水替えを行い、花器のぬめりは台所用洗剤でしっかり洗いながしましょう。
その時に、茎のぬめりも流水で洗い流し、1~2㎝茎の切り戻しを行うことでより長く花を楽しむことが出来ます。
この時に気をつけるポイントがハサミです。
せっかく切り戻しを行っても、雑菌がついたハサミでは台無しです。
清潔なハサミやナイフで雑菌の繁殖を抑えましょう。

いくらお手入れをこまめに行っても、茎の柔らかいガーベラなどは日持ちの点でいうと夏におすすめできません。
夏におすすめの切り花の特徴は、茎がかたくしっかりしている百合やカーネーション、熱帯が原産地のランやアンスリューム、また花に含まれる水分量が少なく触るとカサカサとしたスターチスや千日紅などのドライフラワーに適している花がおすすめです。

夏のお部屋を涼やかに飾るには、それらの花を花器にボリュームよくたっぷり活けるというよりも、少量の花で空間を彩る飾り方が涼しげで、手間もかかりません。

夏は日持ちしないからと諦めず、多少の手間も楽しみながら夏にしか出回らない切り花やグリーンを探しに、お花屋さんをのぞいてみてはいかがでしょうか?
手間以上の癒し効果がきっと得られるはずですよ。

Feature夏に長持ちするお花特集

  • 夏に長持ちするお花 アンスリュームとオンシジウムのレシピ

    夏に長持ちするアンスリュームとオンシジ...

  • 夏に長持ちするお花 ドライフラワーになっても楽しめるお花

    夏に長持ちするお花カスミソウを使った ...



TOP